日本と台湾のビジネス掲示板


トップページに戻る

こちらのコーナーでは、日台貿易に必要な知識について紹介します

日台貿易に必要なスキルには以下があります。


前回は言語知識について話しましたが、今回は日本と台湾の商習慣の違いについて紹介します。
日本と台湾では大きな商習慣の違いはないと思いますが、サンプル品に関しては違いがあります。

日本の会社はサンプル品を無償で提供することが多いですが、台湾ではサンプル品であっても購入するケースが大半です。
無償で提供してくれ会社もありましたが、配送料金はこちら持ちでした。

台湾の商品を輸入するときはまずサンプル品を取り寄せると思いますが、サンプル品にもお金が発生することは覚えておいた方がいいでしょう。

サンプル品を取り寄せるときの注意点
一つ目の目的を明確に伝えるですが、目的を明確に伝えることで有利な条件でサンプル品を取り寄せることができるでしょう。
私は目的を明確に伝えることで、ディスカウント価格で購入できました。

追跡番号は配達状況を確認するときに必要ですが、台湾からの荷物も確認できます。
海外からの荷物はいつ到着するのかが予想しにくいですが、追跡番号があればヤキモキしなくてすみます。
台湾と日本には他にも商習慣の違いはありますが、紹介したサンプル品の購入は絶対に把握した方がいいと思います。