日本と台湾のビジネス掲示板


トップページに戻る



タピオカティーの原材料は通販や専門店で販売しているし、ミキサーを使えば水と原材料をミックスするのも簡単です。
しかしタピオカティーを作るには、タピオカの原材料を小さなボール状にしなければいけませんね。
口で言うのは簡単ですが、手作業でしたら営業時間に間に合わないかもしれません。
また手作業で小粒化したら、大きさにバラツキが出る可能性もあります。

かと言って最初からタピオカボールを買えば、利益率が下がってしまいます。
また独自の味を出すこともできませんね。
独自の味を出さなければ、リピーターは増えません。


このような悩みは、高效能手作珍珠機があれば解決すると思います。
高效能手作珍珠機はタピオカの原材料をタピオカボールにするマシーンですが、まずはメーカーが制作した動画を視聴してください。


高效能手作珍珠機は、タピオカの元を小さなボール状にしてくれます。
それも均一且つ速くボール状にしてくれます。
操作する人は原材料を入れスイッチを入れるだけなので、まったくの初心者でも大丈夫です。
速度なども自由に変更できるので、好みの大きさや堅さに仕上げることができると思います。

タピオカスタンドを少人数で運営したいる店舗はあると思いますが、高效能手作珍珠機を使えば2人でも回していけると思います。
しかも綺麗に仕上げることができるので、アルバイト店員でも大丈夫です。

面倒くさい作業は、高效能手作珍珠機に任せよう

まずはタピオカの原材料が小さなボール状になる過程を最初から見ましょう!
タピオカの元を固形にする方法はメーカーが教えてくれました。

まずは材料を用意します。
手作珍珠粉(タピオカの原材料)を1000g用意する
常温水を500~550g用意する

用意した原材料をミキサーに入れる
固まった原材料を1cmぐらいの厚さにする
後はタピオカ自動製造機に入れたら、自動的に小さなボール状になります。

これらの流れを図にしました。(メーカーに提供してもらいました)


メーカーにタピオカの原材料を固形化する方法を教えてもらいましたが、この過程で味が決まるので創意工夫してください。

タピオカの味付けには年季が必要ですが、小さなボール状にするのは誰でもできます。
しかも短時間でボール状にしてくれるので、急いで作りたいときは助かりますね。

仕様を見る


仕様を見ましたが注意点があります。
一般的な日本の電源は100Vなので、変圧器が必要になります。
110Vを100Vに変換する変圧器もあります。
ただ店舗によっては電源が100V以上のことがあるので、利用している電源に合わせて変圧器を購入してください。
もし電源が110Vか220Vであれば、変圧器は必要ありません。

電源プラグがカタログに掲載されていなかったので、メーカーに問い合わせました。


3ピンタイプでしたがコンセントの形状に合わない場合は、変換プラグを購入したらいいと思います。

高效能手作珍珠機を導入したら期待できること


高效能手作珍珠機を導入する最大のメリットは、タピオカティーを大量に作れるところだと思います。
飲み物にはそこそこ利益がありますが、タピオカティは手間がかかるのが難点でした。
しかし高效能手作珍珠機を導入したら、煩わしい作業から開放されます。
夏場のドリンクスタンドは注文が殺到する可能性がありますが、高效能手作珍珠があれば何とか忙しい時間帯を乗り切れるのではないでしょうか?
スタッフは冷蔵庫に入れた固形のタピオカをマシーンに入れるだけなので、大口の注文が入ったときも何とかなると思います。

高效能手作珍珠には他のメリットもあります。
ある程度大きさをコントロールすることができるので、工夫次第では料理に入れることもできます。
どんな食事にタピオカボールが合うのかはわかりませんが、必ず合う食事はあると思います。

高效能手作珍珠機は高性能マシーンなのでそこそこ値は張りますが、3坪程度のスペースでもこれがあれば、利益を生み出すことができると思います。
具体的には短時間のアルバイト1年間ぐらいの人件費は、十分に浮かせることができると思います。
人件費を浮かせば当然利益は上がります。
関心のある業者様には寄り添ったアシストをさせていただきますので、まずはご連絡を頂けますでしょうか?
taiwan□drawing-bookstore.com
□の部分を正しい記号に置き換え、メールをくださいませ。