日本と台湾のビジネス掲示板


トップページに戻る

いくら台湾から良い商品を輸入しても、日本で宣伝しなければ売れません。
宣伝する方法はいろいろありますが、既存客がいる人であれば営業中に商品の良さをアピールしたらいいと思います。

既存客がいない会社は一から販路を探さなければいけないので大変ですが、インターネットで販売するのが一番効率的かもしれません。

輸入商品は飛び込み営業をしても、売れるものではありません。
しかしじっくりアピールしなければ、ユーザーに商品の良さは伝わりません。
ユーザーに商品の良さを伝えるには写真も効果的ですが、文章で伝えるのも効果的です。
私は文章で商品の良さを伝える仕事をしていますが、売れるポイントは商品の特徴をしっかりつかみ、力強い文章で伝えることだと思っています。

商品のアピールポイントは、類似商品と比較することでわかってくると思います。
類似商品よりもデザインが優れている場合は、デザインの良さをアピールしたらいいと思います。

アピールするときはアピールポイントを一つに絞った方が、ユーザーの心に刺さりやすいと思います。
私がこのことに気付いたのは、あるネットショップのメルマガを執筆していた時でした。
時間をかけて執筆していたメルマガの売上げは芳しくなかったのですが、特徴を伝えることだけに集中したら成果が出たのです。
最高は一回のメルマガで、12万円売れました。
騙されたと思って一度試してください。