日本と台湾のビジネス掲示板


トップページに戻る

個人輸入とは個人の使用を目的とした輸入ですが、貿易が初めての人は個人輸入から始めたらいいと思います。
個人輸入とビジネス目的の輸入は規模が異なりますが、基本的な流れは同じです。

個人輸入でも注意しなければいけないのは関税の知識ですが、合計額が1万円以下の場合は免税です。
正確には海外小売価格×0.6で算出されるので、16,666円(日本円で)以下だと免税になる計算です。

合計額が1万円以下の場合、免税されるのは有り難いことですが、日本に輸入できない商品もあるので注意が必要です。
詳しい内容はジェトロのホームページを参考にすればいいですが、不安な方は税関に問い合わせたらいいと思います。

個人輸入でも禁止されている商品を輸入すれば刑事罰に処されることがあるので、少しでも不安を感じたら必ず確かめてください。

最初に個人輸入とビジネス目的の輸入は基本的に同じと言いましたが、流れを整理します。

以上の流れになりますが、基本的な流れは同じです。
しかし深く考えたら違いはあります。

個人輸入の場合は好きな商品を自由に輸入すればいいですが、ビジネス目的の場合は日本で売れるかどうかを調査しなければいけません。

支払い方法に関してはあまり差はありませんが、ビジネス目的の場合は支払額が多くなるので、クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

到着予定に関しても差はないですが、大量に輸入する場合は発送が遅れる可能性があります。

到着を待つに関しても差はないですが、ビジネス目的で輸入する場合は関税手続きが複雑なので、到着が遅れる可能性があります。
個人輸入の場合は運送業者が、関税手続きを代行してくれるケースが大半です。